« 国語の威力 | トップページ | AGAINなようで全然違う旅 »

2007年8月29日 (水)

唯一無二の

はいども~、この時期出る9月向けの雑誌の長袖モデルに格差社会を感じるまるちゃんです。

8月もいよいよ終わろうとしていますが、実はワタクシめの部屋では今月だけで

ハチが4度も;

発生しました…もちろん屋内です。種類は2つでその都度ハチや巣を退治したんですが、昼間に寝ぼけ眼で起きて聞く“ブーン”という羽音はいつ聞いても熱いはずの身体をどんな冷房器具よりも冷やしますよ、っと。これからはもっと効果のあるスプレーも購入したので“ここは(巣を作ったら)アカン”とハチ社会全体に恐れられるような対策を施していきたいと思っていますb皆さんもお気を付けあそばせ(*´ノェ`)コッソリ

さてそんなワタクシめですが、こうして更新している今大変

お疲れモードです(;´~`A``

というのも、火~水曜日にかけて十数年ぶりに

家族旅行( ̄▽ ̄)V 

なるものに出かけてきました。場所は

京都天橋立~網野ぶらり旅ヽ( ´¬`)ノ

です。もしかしたら関西方面の方でないといまいちピンとこないと思いますが、地図的に説明すると京都府の北部を東側から日本海沿いに西へ、といった感じです。今回は姉も参加したんですが、彼女の双子の子供も一緒でした。

交通手段はもっぱら

車d('ー'*)

です。朝8時前に出発し、途中で姉と甥っ子らを乗せ一路北へ。SAで休憩もとりながら約5時間ほどで最初の目的地である

天橋立へ到着v('ェ')

Photo

この日はあいにく予報通りの雨模様で外からゆっくり拝む事は出来ませんでしたが、展望台にあるレストランで昼食を取りながらこんな感じで写真に収めてみました。これで日本三景の2つ目の制覇です(1つは宮島)b

眺望後は再びドライブ。日本海沿いにクネクネ一般道を抜けながらいざ本日の宿舎がある網野へ。車中での願いが通じたのか、現地へ到着する頃には

晴れ間が♪\( ̄ー\)(/ ー ̄)/♪

せっかく海辺へ来ていましたし、長らくせまい車の中での移動は甥っ子らがヤだろうなぁ。という事で宿舎に到着後、また雨が降る前に急いでとばかりに裏にある

Photo_2

こんな感じの浜へ。波は多少荒めでしたが、波打ち際で遊ぶのが目的だったのでほどよい感じでした。甥っ子らは、持ってきた子供用のスコップに水に濡れた砂をすくっては水たまりや自分の周りに撒き散らす、という我々オトナには意味不明なアソビに大興奮。何度が押し寄せる波の近くまで連れていってバサッとかかるのを楽しませてあげたりもしながら、天候を少々危うくなってきたので心残りながら部屋へ戻りました。

部屋ではいつも過ごす自宅より広いのにこれまた終始大興奮気味で、あれこれ触ったり、どこかへ行ったりするのに目を配りながらも、部屋内で二人で追いかけっこするのを結局次の日チェックアウトするまで楽しんでいましたねd('ー'*)

ってな感じに本日の朝方に宿を後にして、また長いドライブの中夕方頃に帰宅し今に至る訳です。

普通の旅行と違って、こうして小さい子(1歳9ヶ月)らを連れていくとなれば自分は完全に

サポート役( ̄-  ̄ )b

何をするにしても全てを彼らに合わせ、またそれによって公共の場ですからどうしても迷惑をかけてしまう方々への配慮に精一杯です。もちろん彼ら自身を叱る事も幾度となくありました。けれどそれも仕方のない事です。そして何より

疲れます(*´д`)

ちなみにワタクシめは旅行前日に急遽な“夜のお呼ばれ”がありまして、仕事終わりから参加し終電で神戸から帰った(これ自体は参加した意義がありましたが)のもあり、また旅館でも甥っ子らのあれこれで何なら母親である姉よりも眠れてません(ぁ でも、いいんです。だって唯一無二のワタクシめのかわいい

甥っ子ですもの♪ (* ̄ー ̄)v

それに合わせて普段ずっと彼らの面倒で気がめいっている姉にも、これまで色々とやらかしてしまっているので、少しでも気晴らしをしてもらえれば、な気持ちも含めてですよ。ちょっとええ事言いすぎてますね へ(* ̄ー ̄)>

まぁそうした自分なりの気持ちを行動に出来たので、ワタクシめ自身もこの旅はすごく楽しめましたよb

という事で頭も身体のぐったりの現在。最後にその甥っ子らの今回の写真で閉めさせていただきます。正面からのアングルは動き回るゆえ、後日までにご了承ください<(_ _*)>(了)

Photo_3

|

« 国語の威力 | トップページ | AGAINなようで全然違う旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141257/7730178

この記事へのトラックバック一覧です: 唯一無二の:

« 国語の威力 | トップページ | AGAINなようで全然違う旅 »