« 夏、途中経過 | トップページ | 唯一無二の »

2007年8月24日 (金)

国語の威力

はいども~、1週間の間でハチの巣を2度も軒下に作られたまるちゃんです(ノд-。)

8月ももう終わりを迎えようとしていますが、みなさんはこの夏を

エンジョイできましたかぁ~?(*´ノェ`)コッソリ

ワタクシめは夏期講習に始まり、あれこれイベントに参加させていただいたり、レポートをしたり、試験を受けたり結構充実していたなぁ、って感じはします。何より気持ち的に自分に前向きになれた気がします。それは今の自分であったり、これからの事だったり。まぁ気まぐれなオトシゴロなんで、これはある意味すごく貴重だったんじゃないかなぁ、と自分の事ながら思いますb

そんな近況な心境の報告はさておきまして、まぁ先ほどもありましたが職業柄この季節は

夏期講習( ̄-  ̄ ) b

で普段担当していない生徒の科目なんかも見たりするんですけれども、その中で一番多いのはやはり

英語(゚⊇゚)ノ

です。特に中3、高3といった受験生なんかが

長文が読めないんです(;´ω`)

という悩みを引き下げてやってきます。ワタクシめの専門は一応社会なんですけれども、高校~大学にかけては国際関係の勉強をしていました。しかし、授業中なんかでもそうですけど受験勉強からはもう何年も過ぎてますし、専門外なもんですから

単語ワガンネ(´ー`) (ぁ

ってのは多いです。よく“英語ができない=単語力”と言われますが、ワタクシめからすれば、特に長文に関しては

それが要因ではない((-_-。)(。-_-))

と思います。そりゃ限度はあります。(高3であれば)せめて高1レベル位のものはマスターしていて欲しいですが…でも今は本番ではありませんし、単語がわからなければ

辞書ひけばいいのよb

んで後は単語よりも熟語や構文ですね。よく出る、例えば“It ~that…”だったり“so~that…”“分詞構文”なんかをおさえておくんですよ。そうすれば、長い文であってもその文の構図が頭の中で…とここで大事なのはやはり、そうして文全体をイメージして日本語をあてはめていく、つまりここまで来たらもう

国語ですd('ー'*)

単語も熟語も毎日勉強している、文法もばっちり、でも長文になると…という人結構実は多いんです。そういう生徒にはよく

後は日本語やでヽ(´ー`)ノ

と言います。現にワタクシめ単語は恐らく一般の受験生よりは全然勉強していない分劣っている事でしょう。でもある程度の長文であれば読めます。かと言って普段から読書をしているとか、そんなんも…まぁ今はレポートをしたりしているので習慣はありますが、昔はむしろ読書嫌いでしたからねぇ;

そんなワタクシめはその分

新聞を読む&日記を書くd(゚▼゚*)

事で自然と文章を勉強していたのかも、今から思えばそんな感じです。国語にしても英語の長文にしても話自体は“凝縮された”全体図になっていますから、むしろ直結させていこうと思うのであれば、この二つはオススメですね。

受験生であれば今からはちとしんどかもしれませんが、もしそれ以外の中・高生、もしくは子供さんに勉強させたい場合はお試しになってみてくださいまし<(_ _*)>(了)

|

« 夏、途中経過 | トップページ | 唯一無二の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141257/7656649

この記事へのトラックバック一覧です: 国語の威力:

« 夏、途中経過 | トップページ | 唯一無二の »